おすすめの恋活・婚活マッチングアプリまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本で利用されている人気の出会い・恋活・婚活マッチングアプリをまとめてみました。

facebook連携のマッチングアプリが人気

ここ数年、スマートフォンの普及と共にユーザー数を多く伸ばしているマッチングアプリはほとんどがfacebook連携をしてログインする仕組みになっています。

facebook連携をすることで、facebookで繋がっている友人知人には自分がアプリを使っている事をバレずに済むというメリットがあります。

また、迷惑ユーザーの排除に力を入れているアプリも多く、身分証での年齢確認や、サクラや業者などを極力排除し、アプリでの出会いの不安を解消するような監視体制をとっていることもユーザー数を伸ばしている要因になっています。

主に近年ユーザー数を多く伸ばしている、facebook連携をしている人気のマッチング・出会いアプリを当サイト管理人が実際に利用した評価と共に紹介していきます。

主要マッチングアプリの評価まとめ

当サイト編集部による、主要マッチングアプリの評価をまとめると以下のようになります。

アプリ・サイト名 評価 使われ方
恋活 婚活 友達作り
ペアーズ 85点 恋活 婚活
Omiai(オミアイ) 90点 婚活
タップル誕生 70点 恋活 友達作り
with 90点 恋活 婚活
ゼクシィ恋結び 85点 恋活 婚活
Tinder 70点 恋活 友達作り
マッチ・ドットコム 70点 婚活
mini 60点 恋活 友達作り

ペアーズ(pairs)

ペアーズの紹介動画はこちら↓

500万人が登録したマッチングアプリの一番人気

ペアーズは、日本のマッチングアプリで最も利用者が多い定番アプリです。
先日、ユーザー数が500万人を超えたと発表されました。(ペアーズは台湾でもリリースされています。)

ユーザー一覧から気に入った相手に「いいね」を送り、お互いがいいねするとメッセージができるようになります。

facebook連携で知り合いや友人には使っていることがバレにくく、不正ユーザーの監視体制も整え、古くからある出会い系のサクラが多いイメージを払拭するきっかけとなったアプリと言えます。

ユーザー層は20代〜30代がメインで、真剣な恋人探しをしているユーザーが多いです。

当サイト編集部によるペアーズの評価

マッチングアプリのユーザー数No1のペアーズは、ネットで真面目な恋人や結婚相手を探している人はまず登録すべきアプリといえます。
ただし、ユーザー数が多すぎて人気の女性ユーザーは500人以上からいいねが届く事もあり競争が激しいので、まずはペアーズを使ってマッチングアプリの感覚を掴みつつ、他のアプリも併用するのが良いと思います。

おすすめ度 85点(100点満点)
料金 女性:無料
男性:基本無料(メッセージをするには月額3000円〜の定額制)
ユーザー層 真剣な出会い・婚活から気軽な出会いまで幅広い
年齢層 20代後半以降が多い

Omiai

女性も有料の真面目なマッチングアプリ

Omiaiはペアーズと共にfacebook連携のマッチングアプリの先駆けです。

ユーザー層は20代後半から30代前半が一番多く、マッチング・出会い系アプリでは珍しく女性も有料のため真剣な恋や結婚を意識した女性が多いです。

他のアプリとの違いは、男性側が女性にいいねする際、必要ないいね数が相手によって違い、人気ユーザーにいいねするには多くのいいねを消費しなければいけない点です。
したがって、人気の女性ばかりにいいねが集中しないような仕組みになっています。

当サイト編集部によるOmiaiの評価

女性へのいいね数が人気によって変わり、必要ないいね数で絞り込んで検索ができるので、女性目線だと他のアプリよりもいろんな男性から見てもらいやすいアプリです。ただ、男性目線ではいいね数の差はメリットになりません。
Omiaiは女性も有料でアラサー世代の真剣に出会いを探している女性が多いので、結婚も考えた真剣な出会いを求めるのであればOmiaiが一番向いていると言えます。

おすすめ度 90点(100点満点)
料金 男性:基本無料、メッセージをするには3980円〜の定額制
女性:無料
ユーザー層 真剣な出会い・婚活
年齢層 20代後半以降が多い

 

タップル誕生

日本版Tinder、若年層が使うマッチングアプリ

タップル誕生は、アメブロやAbemaTVを運営するサイバーエージェントの子会社が運営するアプリです。

特長は、趣味のカテゴリごとに画面では相手が1人ずつ表示されて、「いいかも」「イマイチ」を選択して、お互い「いいかも」をした時点でマッチングが成立しメッセージができるようになります。「いいかも」「イマイチ」を行うと「カード数」が消費され、カードの数がユーザーを見れる人数になります。

主なユーザー層は大学生や20代前半になります。気軽に恋人を探したいユーザーがメインターゲットになっています。

また、facebook以外にもamebaのアカウントや、メールアドレスでログインする事も出来ます。
※他アプリのようなfacebookの友達をお互いを見えないようにする機能はありません。

当サイト編集部によるタップル誕生の評価

タップルはTinderと同様、年齢層が若いので結婚ではなく気軽に恋人を探すユーザーが多いです。
結婚を考えた相手を探すことには向きませんが、趣味が同じユーザーが見つかるので異性の友達探しには向いています。
また、気軽なノリなので他のアプリよりもマッチング率が高い印象がありました。

おすすめ度 70点(100点満点)
料金 女性:無料
男性:基本無料(メッセージするには月額3980円〜の定額制)
ユーザー層 真剣な出会いや婚活よりも、気軽な出会いがメイン
異性の友達を作るために利用している人も多い
年齢層 学生や20代前半が多い

with

メンタリストDaiGo監修、心理学的アプローチで相手を探せるアプリ

withは、facebook連携のマッチングアプリとしては後発ながらユーザー数が急上昇中のアプリです。

特長としては、メンタリストDaiGo監修の性格診断でマッチングした相手の性格の特徴が説明されたり、アプリ内のイベントが頻繁に開催されていて、自分の好みと一致するユーザーの中から探せます。

一般的な出会い系サイトやマッチングアプリは多くのユーザーから自分で好みの相手を探すのに対して、withでは「共通点」わかりやすく表示されるので、共通点の多い人を見つけやすいメリットがあります。

ユーザー層は20代中盤〜30代前半が多いです。

当サイト編集部によるwithの評価

アプリの雰囲気やユーザー層もペアーズにかなり似ていますが、withはイベントが頻繁に行われていて、参加すると毎日10人に無料でいいねができるので、いいね数を課金で買う必要がほとんどなく、お得にマッチングができます。
また、いいねできる数が多いとマッチング数も増えるメリットもあります。

また、ユーザーも真面目に出会いを探している方がほとんどです。

男性が使うには、withは女性ユーザーの質の高さと料金の安さを両立しているので、最もコスパがいいアプリといえます。
年齢層としては、ペアーズやOmiaiと比べるとやや若く20代中盤のユーザーが多いです。

欠点としては、東京・大阪等の大都市のユーザーは多いので問題はないのですが、地方都市はユーザーが少ないのでいい人が見つかりにくいです。

おすすめ度 90点(100点満点)
料金 女性:無料
男性:基本無料(メッセージをするには月額3980円〜の定額制)
ユーザー層 真剣な出会い・婚活から気軽な出会いまで幅広い
年齢層 20代中盤以降が多い

with 公式サイトはこちら

ゼクシィ恋結び

結婚情報誌ゼクシィの運営するアプリ

ゼクシィ恋結びは、結婚情報誌でおなじみのゼクシィが運営しています。

ゼクシィには結婚を目的として「ゼクシィ縁結び」というサービスもありますが、

ゼクシィ恋結び:恋人や結婚相手を探す。スマホアプリあり。
ゼクシィ縁結び:結婚相手を探す。スマホアプリなし。

といった目的別にサービスを出しています。
ユーザー層は20代が多いです。

当サイト編集部によるゼクシィ恋結びの評価

ゼクシィの知名度もあり、特に女性ユーザーは美人さんが多いアプリです。
男性ユーザーは他アプリとあまり変わらない印象でした。
他のアプリよりも人気ユーザーが上位に表示されている割合が多いようです。

おすすめ度 80点(100点満点)
料金 女性:基本無料(メッセージをするには月額108円の定額制)
男性:基本無料(メッセージをするには月額3980円〜の定額制)
ユーザー層 真剣な出会い・婚活
年齢層 20代が多い

Tinder

Tinderは世界でもトップクラスのユーザー数を誇るマッチングアプリ

アメリカで生まれたTinderは世界196カ国で利用されているマッチングアプリです。
facebook連携をするマッチングアプリの先駆けとも言われていて、世界でもトップクラスのユーザー数を誇っています。
位置情報を利用して、半径数キロ以内にいるユーザーがアプリの画面に1人ずつ相手が表示され、「いいね!」を右スワイプ、「パス」は左スワイプすると言うシンプルで分かりやすい仕組みになっています。
お互いにいいねをするとメッセージをすることができます。
日本のマッチングアプリと違い、メッセージも無料で行う事が出来るので、ユーザーの年齢層はかなり若めです。
世界中で利用されているので、旅先で友達を作ったりする事にも利用されています。

アメリカでTinderは気軽に出会うことを目的とした軽めの出会い系といった位置づけです。
日本では、外国人と出会いたい女性が多く利用しています。

当サイト編集部によるTinderの評価

他のアプリのように細かいプロフィール(血液型、出身地、学歴、結婚に対する考え等)を入力する機能が無いので、あまり相手の情報がわからずとにかく軽いノリで会話して出会うアプリです。
異性でだけではなく同性も検索できるので、友達探しやLGBTの方にも利用できるメリットはあります。

おすすめ度 70点(100点満点)
料金 男女ともに無料
ユーザー層 気軽な出会い・恋人探し
年齢層 20代が多い

マッチ・ドットコム

世界最大規模のマッチングアプリ

マッチ・ドットコムは元々アメリカで始まったサービスで、運営開始は1995年で、20年以上の実績を持ち世界的にも長く利用されているマッチングサイト・アプリです。25カ国に展開しており、会員数は世界合計で1500万人を越えギネス記録にも認定されました。日本版は2004年にサービスを開始して10年以上経過しています。日本版の会員は現在187万人います。
マッチドットコムは真剣な恋愛や婚活をしているユーザーが多いです。婚活系サイト・アプリによくある女性も有料であることにより、真剣に相手を探す方が多いです。

また、世界25カ国て展開しているので外国人ユーザーも多くいます。

当サイト編集部によるマッチ・ドットコムの評価

女性も有料なので男女ともに真面目に相手を探している方が多いです。サクラや業者のような怪しいユーザーが他アプリと比べてかなり少ないというのも特長です。世界展開しているので外国人と出会いたい方にも向いています。

デメリットとしては、会員数は187万人とありますが、サービス展開から10年以上の累計なので今もアクティブに活動しているユーザーはペアーズやOmiai、withよりも少ないです。特に東京・大阪等の大都市以外ではかなり利用者が少ないので地方の方には向きません。
ペアーズなどはacebook認証があるのでfacebookの友人は互いに表示されずバレない仕組みになっていますが、マッチ・ドットコムはfacebook認証がないので、友人知人が利用していた場合バレる可能性が高めです。
元々がパソコンブラウザのサービスなので、スマホアプリ版は完成度が低く使いにくいという欠点もあります。

先にペアーズ Omiai、withを使ってみて、いい人が見つからなかった場合にマッチドットコムを利用する事をおすすめします。

おすすめ度 70点(100点満点)
料金 登録や会員検索は無料
メッセージ送信等は有料プラン
1か月 3,980円/月
3か月 2,793円~/月
6か月 2,467円~/月
男女同じ料金
ユーザー層 真剣な恋愛・結婚
年齢層 20代後半以降が多い

mimi

 

シンプル顔で相手を選ぶアプリ

mimiは「顔で相手を選ぶ」アプリ。運営はタップル誕生と同じサイバーエージェントグループ。

miniの特長は、相手の顔を目、鼻、口、輪郭、髪型、髪色、肌、チャームポイントから細かく設定して選べます。
顔の条件だけではなく他アプリと同じように居住地等から検索していいねを送る事も出来ます。

リリースが2016年の12月と新しいアプリですが、ユーザー数は10万人を突破しています。

当サイト編集部によるmimiの評価

顔の特徴を指定して検索できるの機能は他のアプリになく独自のものですが、髪型以外に関しては精度が低い印象です。(技術的に自分の好みの顔を自動で見つけるのは難しいと思います。)
特に目に関しては写真アプリで加工しやすい部分なのであまりあてになりません。
「タップル誕生」と同様に若いユーザーと気軽にマッチングするには向いています。

おすすめ度 60点(100点満点)
料金 女性:無料
男性:基本無料(メッセージをするには月額3600円〜の定額制)
ユーザー層 気軽な出会い・恋人探し
年齢層 20代前半が多い

人気のおすすめマッチングアプリをご紹介しました。
アプリによってユーザー層が異なっているので自分に合ったアプリを探す参考にしていただければと思います。
また、今回紹介したマッチングアプリは登録はすべて無料で始められるので、恋人や結婚相手を探す際はまずは複数のアプリを同時に利用し様子を見てみると効率よく良いお相手を見つける事ができると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す